守ってあげたい女性はもてます

男性は何でもばりばり自分でできるような強い女性に対して、好きになれないと感じる人が多いものです。
自分が守ってあげたいと思う様な女性を求める傾向にあり、こういった女性になることが男性にもてる近道とも
言えます。
どのような女性に対してこのように守ってあげたいと思うのかについて紹介していきます。

 

1.泣いている姿を見せる

女性の涙は武器になるとも言いますが、男性は弱っている女性が見せる涙には弱いものです。
涙を流していると、力になってあげたい、味方をしてあげたいと思うのです。

 

しかししょっちょう泣いていると、うっとおしいと思われてしまうので、涙はここぞという時にしか見せないように
しましょう。どうでも良いと思うようなことで泣いていると理解できないと敬遠されてしまうので、泣く理由も気を
つけましょう。

 

2.弱音を見せる

「もうだめ」など女性がぽろっともらした弱音を聞くと、男性は守ってあげたいという気持ちになります。
女性が弱っている姿には隙があるので、男性が入ってくる余地があるのです。

 

普段は元気で明るい女性が弱気になっていると、そのギャップでやられてしまうという人も多いので、
元気で明るい人はこれを利用してみると効果的です。

 

3.自分だけ特別だと思わせる

「他の人には言わないで」などと頼りにされることで、男性は何とか力になってあげたいと思うものです。
自分が特別だと思わせると、距離も一気に縮まっていきます。

 

4.落ち込んでいるのに、明るく見せる

本当なら落ち込んでしまうような出来事があったにも関わらず、周りに配慮して明るく振舞っている女性を見ると、
男性は惹かれていきます。
その女性から健気さが伝わり、性格の良さも伝わってくるからです。

 

落ち込んでいるけれど頑張って明るくしている姿を見てくれている人はいます。

 

5.怖がりなところを見せる

雷やおばけなどに怖がっている女性を見ると、男性は可愛いなと思い守りたくなります。
無理に怖がる必要はありませんが、少しでも怖いと思っているのなら、その気持ちを伝えてみましょう。

 

おわりに

男性が守ってあげたいと思う様な女性の特徴がわかりましたか。意外に簡単だなと思った人も多いのではないでしょうか。
男性はいつでも女性に頼られたい、女性の前でかっこ良い姿を見せたいと思っているものです。

 

気弱な子だから守ってあげたいな、自分がいないとだめだなと思わせる女性はもてるので、あなたも
5つのポイントを活かして男性にもてるような女性になりませんか。