素敵な社内恋愛を始める為の心構え

実際に結婚した夫婦で、社内結婚というケースは非常に多くあります。
それだけ会社というのは出会いの場のひとつとして重要であるということです。
しかし、社内恋愛をするとなると、仕事や人間関係に影響を与える可能性があります。
その為、社内結婚禁止とまではいかなくても、結婚したら女性が会社を辞めなければならない、という暗黙のルールがある会社もあるのです。
上手な社内恋愛の仕方について、考えてみましょう。

 

1. 告白をする場合

 

相手から告白された場合、自分の好みのタイプではないとなると、断るのにもコツが必要です。
断り方によっては誤解されて着きまとわれてしまったり、怒らせてしまって仕事が上手くいかなくなってしまったりすることもあります。
誤解のない様に、丁寧に、はっきりとお断りするのがマナーです。
「ありがとうございます、でも実は真面目にお付き合いしている人がいるんです」くらい言ってもよいでしょう。
ウソはつきたくない、でもこの人とはお付き合いしたくない、という場合には「他に好きな人がいて、今はその人のことしか考えられないのです」と言うと距離を置くことができます。
「社内恋愛はしません」と言ってしまうと、実際に好きな人が現れたときに告白した人から反感を持たれてしまいます。
決して相手に問題があるのではなく、あくまで自分自身の問題、という表現にしましょう。

 

2.社内恋愛に成功したら

 

学生でしたら周囲を気にすることなくアツアツオーラを出せたことでしょう。
しかし社会人となったら、恋愛感情と仕事とは完全に切り離すのがルールです。
社内にいる間は、不測の事態でも起こらない限り、お互い他人という気持ちで接することです。
言葉も丁寧過ぎる程で良いでしょう。
周囲が知っていて、冷やかされたらニッコリ笑ってスルーするのがスマートです。

 

3.社内恋愛中のタブー

 

プライベート時に仕事や同僚について話すのは原則としてタブーです。
ある程度は仕方ありませんが、プロジェクト段階での内容を話したり、給与や人事情報などを話すとなどは話題にしてはいけません。
恋愛中なのですから、他に幾らでも話すことがあるはずです、何かの拍子に周囲に知られてしまい、人間性を疑われることになるますので注意しましょう。

 

終わりに

 

社内恋愛は法律で禁止されているものではありません。
好きな人ができた時には遠慮なくアタックしましょう。
もしも成功したならば、貴女の言動が彼の評価を左右することもありますので、常識的な行動を心がけましょう。